2014/01/31

♪シューベルト国際リートデュオコンクール2013優勝!『ドイツ歌曲の夕べ』


♪ドイツ歌曲の夕べ
シューベルト国際リートデュオコンクール2013優勝!
リートデュオ ザミュエル・ハッセルホーン(バリトン)&宮崎貴子(ピアノ)

東京公演
●3月17日(月)19:00(18:30開場)
トッパンホール


大阪公演
●3月19日(水)19:00(18:30)
ザ・フェニックスホール

F.シューベルト:
ます D550
こびと  D771
魔王 D328
白鳥のうた D957より

R.シューマン:
詩人の恋 op.48

♪昨年のシューベルト国際リートデュオコンクール優勝のご報告を兼ねまして、リートデュオのリサイタルをさせて頂く運びとなりました。前半にシューベルト、後半にシューマンの詩人の恋、とドイツ歌曲三昧です。
長らくデュオとして活動してきましたが、この機会に日本の皆様に聴いて頂けることをとてもうれしく思います。会場にて皆様にお目にかかれますことを楽しみにしております。
(宮崎 貴子)

♪ 9月29日『音の交差点』コーナーも合わせてご覧ください。


2014/01/26

■Aevos Trio イタリア公演批評


昨年11月、ウィーン楽友協会でのデビューリサイタルの成功に続き、1月にイタリアで開催されたAevos Trioの公演批評をご紹介します。力のこもった演奏でイタリアの観客にも絶賛されたことが伺えます。今後、一層の活躍が期待されます。

~Palamostre per gli Amici della MusicaにAevos Trio が出演~
●ウェブマガジン Instart より http://www.instart.info/

Aevos Trioはピアノトリオという音楽形態において、音楽の歴史的発展を集めたプログラムを紹介した。
まずはこの形態の父ともいえるハイドンの曲で始まった。演奏は軽快で優雅であり、融合と均衡のとれた演奏の中に、ハイドンの音楽特有の軽やかさや、音が絡まりあった透明さに気づかせてくれた。

ロマンチシズムと古典との均衡を保っているブラームスの曲では、三人は違った息吹を吹き込むことができた。ブラームスの作品と対話する次元まで高めることを可能にし、ピアノと弦楽器の緻密な対比を具現化した。

後半は1900年 代の音楽で構成され、ショスタコーヴィチの曲で始まった。この曲はメロディーとリズムの対比に裏打ちされた単一楽章の曲である。この曲では各々のパッセージのパフォーマンスが印象深く、一つの楽器だけが演奏する時間が多い。三人の若者の演奏は技術的にも、音楽性、表現において称賛されるものである。若い彼らの音楽性は既に成熟しており、本当に素晴らしい。

最後は、珍しいアルメニア人作曲家Arno Babadjanian の 民俗的な曲で締めくくられる。三人の若い演奏家は複雑なテンポ構成の曲を見事に演奏し、後半にかけて大きくなる興奮とともにウディネの観客からの多大なる称賛に値するものであった。アンコールではピアソラの曲が演奏された。

ピアニス ト山口友由実

~ピアノと弦楽器が溶け合う~
●イタリア新聞 Il Gazzettino (1月9日付け)

トリオの歴史的発展、基本表現、演奏者の地位の確立、そしてテーマとハーモニーの発展は200年の間に起こった。2014年のウディネの音楽祭で、様々な 国の出身である三人の若者により、ウィーン国立音楽大学で結成されたAevos Trioが演奏した。このトリオはその気合いと演奏のクオリティにおいて、すでに劇場で通用するレベルである。特に、アンサンブルとしての演奏スタイルをよく理解し、時代も作曲スタイルも違う四人の作曲家の特色を正確につかんでいた。

ハイドンの曲では日本人ピアニストの山口友由実が、まず演奏の口火を切り、他のメンバーの演奏を導く。たしかに伝統的なハイドン奏者として、ピアニストは他の弦楽器を導くことが重要となってくる。そして、次のブラームスの曲でヴァイオリン、チェロと音が重なり合う。

コンサートの後半は東欧系の1900年代に活躍した作曲家の曲でまとめられた。
1曲目、ショスタコーヴィチのハ短調の曲はロシア音楽が凝縮されている。つまり、民族性がテーマとなっており、激しいテンポが、時には田園風に替わる。音楽的観点からいうと、流動的で会話するように情緒的な状態からより激情的で爆発する状態へと進む。コンサートの始まりから、イントネーションと正確性は最後の曲でも健在である。 ババジャニアンの曲はヴァイオリンに豊かなペースを与え、アンコール曲はピアソラの「忘却」で締めくくられた。


2014/01/20

■山口 友由実さん イタリアでの演奏会ご報告


ウィーン在住のピアニスト、山口 友由実さんからイタリアでの2つの演奏会の報告が入りました。
昨年11月、ウィーン楽友協会でのAevos Trioのリサイタルの成功によって、あらたな演奏の場が広がってきており、今年は山口さんとトリオのメンバーの益々の活躍が期待されます。

♪遅ればせながらあけましておめでとうございます。
2014年“弾き初め”はAevos Trioとしてイタリアからスタートいたしました。
まずは1月5日ウィーンから車で5時間ほど、国境付近のMarborghettoにある美術館でコンサート、そして7日にUdine市での音楽祭”Amici della Musica”の新年最初のコンサートとして演奏させていただきました。
イタリアのコンサートは20時半開演と遅く、まずコンサート前に解説が行われ、初めてづくしでしたが、オーガナイザーの方にも良くして頂き、楽しい演奏旅行となりました!
良い滑り出しで始まった2014年も充実した一年にしたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。 (山口 友由実)


2014/01/10

♪茨城県民オペラ協会                ニューイヤーガラコンサート


メロス生のピアニスト、田辺祐子さんが茨城県民オペラ協会のニューイヤーガラコンサートに出演します。
オペラの名曲の数々に加え、オペレッタ「こうもり」のハイライト、そして日本歌曲もあり、盛り沢山なプログラムとなっています。皆様、ぜひお出かけください。

平成25年度茨城県芸術参加公演・常陸風土記1300年記念

茨城県民オペラ協会 ニューイヤーガラコンサート
1月25日(土) 13:
30開場 14:00開演

会場:小美玉市四季化館
「みの~れ」森のホール

チケット申し込み・お問い合わせ
茨城県民オペラ協会事務局
Tel/fax:029-241-3163

♪♪昨年に引き続き、ニューイヤーガラコンサートに出演させていただきます。
オペラや日本歌曲の名曲、そして「こうもり」ハイライトと、華やかなプログラムで新しい年の幕開けを皆様とご一緒にお祝いできますことを楽しみにしております。  (田辺祐子)


logo
deco
sakai.at