2015/04/29

■好評発売中! 野村三郎著『ウィーン国立歌劇場 すみからすみまで』


◆好評発売中!
ウィーン国立歌劇場『すみからすみまで』(音楽之友社)

オペラ愛好家の方はもちろんのこと、ウィーンの音楽や文化に興味をお持ちの方々にも、ぜひお読みいただきたい本です。

◆現在本誌で「ウィーン 日々のうつろい」を連載して下さり、本誌編集部編 「ONTOMO MOOK ウィーンの本」でもお馴染みの、野村三郎先生著「ウィーン国立歌劇場すみからすみまで」。
ウィーン国立歌劇場の日々の話題を盛り込みながら社会学的視点でこの歌劇場を〝縦・横・斜め〟に切り、解剖した一冊。劇場がどのようなところかが見えてきます。
(音楽之友社facebook情報より)

※編集部ブログや音楽の友ニュース他は、オントモ・ヴィレッジでもご覧になれます。
https://www.ontomovillage.jp/


2015/04/26

■4月のウィーン


◆ウィーン国立歌劇場
6月に向けてますますクレッシェンド!

初夏を思わせる毎日。オペラ座横のカラヤン広場にある噴水のフタが外されて、その美しい姿をあらわしました。

音楽シーズンは6月末まで♪
4月は、エレクトラ、パルジファル、アルジェのイタリア女、フィデリオ、バタフライなどに加え、薔薇の騎士(オクタヴィアン役は、メゾのスター、ガランチャ)、アンナ・ボレーナ(ネトレプコ出演)、ガランチャのソロリサイタルなど、オペラファンを喜ばせた月でした。

5月は、エフゲニー・オネーギン、ドン・パスクワーレ、テノールのニール・シコフ舞台生活40周年記念コンサート、愛の妙薬、セヴィリャの理髪師、ナブッコ、チェネレントラ、メゾのコジェナー・ソロリサイタル(ピアノ内田光子)、ニーベルングの指環。

6月は、5月に続きワーグナーの指環、サロメ、フィデリオ、ドン・ジョヴァンニ、リゴレットなど。

指揮者は、≪指環≫登場のラトルを始め、シュナイダー、フィッシャー、チョン・ミュン・フン。歌手は、ステメ、デノケ、グレギーナ、フォン・オッター、ドミンゴ、フローレス、ヴォッレ、グールド、シュトルックマン、スミス、キンリーサイドなど。

世界中から集まってくるオペラファンにとっては見逃せない演目ばかり。チケットの確保は、ますます難しいものになっています。

www.wiener-staatsoper.at


2015/04/25

■ヨハネス・マイッスル先生指揮 神戸市室内合奏団定期演奏会(6月6日)


◆神戸市室内合奏団定期演奏会

《シューベルトの世界
古典派の継承から歌の道へ》

6月6日(土)14:00
兵庫 神戸文化ホール【中】

指揮:ヨハネス・マイッスル
ヴァイオリン:玉井菜採

お問い合わせ:(公財)神戸市演奏協会   078-361-7241


2015/04/24

■4月のウィーン


◆王宮裏Kohlmarkt  にあるお菓子の老舗”Demel”

お店のショーウィンドーは、復活祭の”たまご”から、ブライダルシーズンに合わせたデザインに衣替え。

マジパンでできた花嫁と花婿の甘い姿に、道行く人も思わず足が止まります。

.

.

.

.

.


2015/04/19

■岩田朋子リサイタル 5月5日


◆わざわざブタペストから運び込まれたというこの古いフルコンのベーゼンドルファー。

早春のある日、岩田朋子さんがこのピアノでバッハの”主よ、人の望みの喜びよ”を弾いて下さいました。
その典雅で美しい響きは、深く心を打つものでした。

5月5日のリサイタルでは、このバッハで幕を開けます。皆様ぜひお出かけください。

◆岩田朋子ピアノリサイタル
5月5日(火・祝)14::00 ( 13:30開場)
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール


2015/04/19

■4月のウィーン


◆シェーンブルン庭園

緑に、空の雲の動きに、春を感じる時。

愛らしいパンジーの花々が、庭園を訪れる客たちを喜ばせています。

.

.

.

.

.

.


2015/04/17

■岩田朋子ピアノリサイタル 5月5日


毎年メロスで素晴らしい通訳をして下さるピアニスト岩田朋子さんの恒例のリサイタルシリーズ。今回も趣向を凝らしたプログラムです。
お近くの方、ぜひお出かけください。

◆岩田朋子ピアノリサイタル
5月5日(火・祝)14::00 ( 13:30開場)
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

プログラム♪
バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
ベートーヴェン:ソナタ ハ短調作品13「悲愴」
シューベルト=リスト:ウィーンの夜会 第6番S.427
リスト:ラ・カンパネラ
リスト:ソナタロ短調

後援:神戸女学院大学音楽部/クラブ ファンタジー(神戸女学院大学音楽学部同窓会)
チケット前売り:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
チケット前売り・お問い合わせ:ラヴェニール 0798-66-2253


2015/04/16

■4月のウィーン


ここのところ初夏のような日差しの毎日のウィーン。

モーツァルト像のト音記号は、パンジーの黄色がひかり輝いています。

ピンクのベゴニアの花に変わる日もまじか。

.

.

.

.

.


2015/04/15

■佐藤麻理 まもなく広島でピアノコンチェルト(4月26日)


◆先日、ウィーンメロス音楽セミナーの修了演奏会に駆けつけて下さったメロス生の先輩、ピアニスト佐藤麻理さん出演の演奏会です。

高い評価を得た東京でのブラームスのピアノコンチェルトに続き、3回目となるオーケストラとの共演。お近くの方、ぜひ足をお運び下さい。

●広島交響楽団  第18回 廿日市定期演奏会
4月26日(日) 15:00開演
広島さくらぴあホール

指揮 広上淳一
ピアノ独奏 佐藤麻理

グリーク ピアノ協奏曲

◆広島交響楽団 公式サイト
http://hirokyo.or.jp


2015/04/13

■4月のウィーン 


◆Musikverein ウィーン楽友協会

春の青空に映える、この独特の色。

かろやかで気品のあるこの建物は、音楽の都ウィーンに相応しい文化の殿堂です。

6月末までの音楽シーズンの区切りを目前に、連日素晴らしい公演が開かれています。

(既に9月からの新シーズン2015/2016の公演プログラムも発表になりました。現在、会員向けにホール自主企画公演の書面での予約を受け付け中。5月15日まで)

www.musikverein.at


logo
deco
sakai.at