2015/12/19

■音楽の友1月号好評発売中!


◆音楽の友1月号 好評発売中!

<連載第17回>ライナー・キュッヒル対談シリーズ”Walzer”

今月号のお客様
橋本清香・木本全優夫妻(ウィーン国立歌劇場バレエ団ソリスト)

ワルツは弾くけれど踊らないとおっしゃるウィーン・フィルコンサートマスターのキュッヒルさんが、オペラ座バレエ公演での仕事仲間の橋本清香さん、木本全優夫妻にたくさんの質問を投げかけました。

ウィーン・フィルの演奏で踊れるのはとても幸せなこと!というお二人にキュッヒルさんもニッコリ。

キュッヒルさんの激務の隙間をぬって行われた楽しいティータイムインタビューです。

カフェ・インペリアルウィーンにて
(取材・執筆:野村三郎)

.


2015/12/08

■12月のウィーン


◆夕刻のウィーン1区、グラーベン通り。

オペラ座から、ケルントナー通りをシュテファン寺院に向かって歩いていき、シュテファン寺院広場を左に入ると、この高級商店街グラーベンに繋がります。

この時期、この通りに飾られたクリスマスイルミネーションの豪華さはウィーン一。
道の緩やかなカーブに添って飾られた大きなシャンデリアの数々は、シェーンブルン宮殿にある大広間やムジークフェライン大ホールのシャンデリアを連想させてくれます。

この通りの先には、有名なペスト像があり、通りのつきあたりには、ウィーン一の高級スーパー、ユリウス・マインル・グラーベン店があります。
左に折れるとコールマルクトに続き、お菓子の老舗デメルの前を通れば王宮へと・・・。

寒い冬の散歩にもってこいのコースです。

*画像をクリックすると写真が大きくなります。

*ウィーンの最新情報が見られるメロスのfacebook。
リンクをクリックするだけで、どなたでも自由にご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/Melos-Musik-Seminar-Wien-ウィーンメロス音楽セミナー-339968326176615/?ref=hl


2015/12/04

■ウィーン・メロス音楽セミナー2016開催のご案内 3月21日~4月1日


◆メロス音楽セミナー2016開催のご案内
講習期間:3月21日(月)~4月1日(金)(12日間)

メイン会場:ウィーン・ムジークフェライン内ベーゼンドルファー社シュタットサロン

【講師】
アヴォ・クュムジャン(ピアノ、ウィーン国立音大教授)
ヨハネス・マイッスル(ヴァイオリン、ウィーン国立音大教授、アルティス・クワルテット団員)

*募集コースは、ピアノ、ヴァイオリンの他、聴講生も募集中です。

2016年はメロス音楽セミナー開催第20回、モーツァルト生誕260周年記念にあたります。
ベテラン講師による充実のレッスンの他、復活祭時期に重なることも合わせ、ザルツブルク1泊小旅行、ムジークフェライン大ホールでの演奏会鑑賞もプログラムに入れました。
レッスンは、ベーゼンドルファーが誇る最高級モデル、インペリアルを使って行われます。
ウィーンの響きとともに、音楽三昧の日々を過ごしてみませんか?

講師陣プロフィール:
http://www.melos-wien.com/seminar_kursleiter.html

◆お気軽にお問い合わせ下さい
●講習内容について:ウィーン・メロス音楽セミナー
meloswien@gmail.com

●パンフレット請求、航空券手配問い合わせ:
<日本IBMグループ>(株)アイラス、メロス担当熊澤まで
Tel:03-6264-9834
e-mail:kumazawa@ilas.co.jp


2015/12/03

■11月28日ラヴェニールピアノコンサート  ご報告とお礼 岩田朋子


◆11月28日ラヴェニールピアノコンサートは、お天気に恵まれ沢山のお客様がお越しくださいました。
出演者がそれぞれ自分の演奏する曲への想いをお話して演奏し、温かい雰囲気に包まれた和やかな会になりました。

ツリーをはじめクリスマスの飾りつけのなされた神戸女学院のめじラウンジはヨーロッパのお屋敷のサロンを思わせる空間で、高い天井や石の壁は私にとっても懐かしさを覚える場所です。

今後共また皆で勉強を続けて、またこのようなコンサートを開きたいと思っています。
ご来聴下さいました皆様、ありがとうございました。
岩田朋子


logo
deco
sakai.at