2016/08/26

■8月のザルツブルク


◆ザルツブルク
岩山の上にそびえたつ古城はホーエンザルツブルク城。
旧市街には、いくつもの教会の塔が、美しいシルエットを見せています。

オペラ、コンサート、お芝居と、華やかな話題を提供し続けた夏の音楽祭も、あと数日で幕を閉じます。
短い夏の終わりです。

◇写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。


2016/08/25

■ピアニスト浅野真由美さんとともに 野村三郎レクチャーコンサート(9月20日)


◆Lectur 野村 三郎 & Piano Concert 浅野 真弓
『ショパンとその時代』
2016年 9 月20日(火) 19:00開演
ヤマハホール
(ヤマハ銀座ビル7F)
東京都中央区銀座7-9-14

◇皆様と会場でお会いできますことをとても楽しみにしております。 野村三郎

●出演:浅野 真弓(ピアノ) 野村 三郎(講演)
●講演内容:ショパンとその時代
●プログラム:ショパンのピアノ作品から
・バラード第1番ト短調 Op.23
・3つのマズルカ Op.59より 第2番 変イ長調 / 第3番 嬰へ短調
・ポロネーズ 変イ長調Op.53「英雄」・ノクターン 変ニ長調 Op.27-2・ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2・スケルツォ 第2番 変ロ短調 Op.31

●お問い合わせ:ヤマハ銀座店インフォメーション tel:03-3572-3171
●チケットのご予約・お申し込み:チケットぴあ 0570-02-9999
http://pia.jp/t/
主催:ヤマハ銀座店


2016/08/22

■8月のウィーン


◆シェーンブルン宮殿

ウィーンを訪れる観光客が、真っ先に見学したいスポットが、ここシェーンブルン宮殿。

華やかに彩られた花壇の美しさ。
夏の季節の美しさは特別なものです。

◆メロスのfacebook ♬

ウィーンの音楽情報がいっぱい。
どなたでも自由にご覧いただけます。
ぜひお寄りください。

https://www.facebook.com/Melos-Musik-Seminar-Wien-ウィーンメロス音楽セミナー-339968326176615/


2016/08/20

■野村 三郎著 『音楽的』 なピアノ演奏のヒント


◆ 野村 三郎著 『音楽的』 なピアノ演奏のヒント -豊かなファンタジーとイメージ作り-
おかげさまで残部僅少となりました。

人 を感動させる音楽を演奏するには、技術の他に豊かな表現力が必要。では、その表現力を付けるにはどうすればいいだろうか。音楽史の把握、作曲家の理解、作 品研究、音色とタッチ、音型・音程・調整の意味、複数のエディションにあたることである。本書は基本はバッハとし、バッハからベートーヴェン、ショパン、 シューマン、ブラームスらの豊富な例を基に、曲の解釈や自分のファンタジーとイメージを膨らませる方法の手引きである。(音楽之友社紹介文より)

<目次>

序:音楽的な演奏のために

第1楽章:まずバッハから
1. バッハの技の秘密
2. インヴェンションのしかけ
3. 恐るべき可能性を秘めた『インヴェンツィオ』
4. 作品に秘められた『声』
5. 音楽の『コトバ』

第2楽章:『愛の6度』を知っていますか
1. 音楽の約束事
2. シューマンに見る『愛の6度』
3. クララを飾る愛の音型
4. 『愛の6度』あるいは花開く反行形
5. 『嘆き』の音型を読む

第3楽章:ショパンとリストのファンタジー
1. ショパンに刻まれた祖国の運命
2. 語り尽くせぬショパンの悲劇
3. 演奏者の解釈と聴き手の受容
4. 現代へ先駆けたリスト

第4楽章:ショパンとブラームスのバラード
1. 音楽と文学の関わり  (ショパンとミツキエヴィチ1/バラード第1番)
2. リトアニアの悲劇劇   (ショパンとミツキエヴィチ2/バラード第2番)
3. 水の精の物語      (ショパンとミツキエヴィチ3/バラード第3番)
4. ポーランド愛国の詩  (ショパンとミツキエヴィチ4/バラード第4番)
5. バラードに聴くブラームスの精神生活
6. ブラームス晩年の作品

第5章:ファンタジーの翼を広げて
1. 絵画の描写と音楽の描写
2. ドビュッシーの音楽と絵画
3. 音楽の原点はやはりバッハ
4. 音楽の性格を決める要素

A5版・240頁 定価2940円(本体2800円+税) ISBN978-4-276-14343-2
●ネット書店、音楽之友社ホームページ  http://www.ongakunotomo.co.jp


2016/08/16

■藤村匡人 宮崎貴子 デュオリサイタル   (9月11日)


ワインコイン市民コンサートシリーズ(第57回)

ことたまの音
ドイツ歌曲の魅力

■藤村匡人 宮崎貴子 デュオリサイタル

9月11日(日) 15:00開演
大阪大学会館

<プログラム>
シューベルト
ヴォルフ
シューマン 詩人の恋


2016/08/15

■8月のウィーン


◆Burggarten Wien

遠くへ旅に出るのもいいけれど、
街中にある公園で、のんびり過ごすのも
緑豊かなウィーンならではの夏の休暇の過ごし方。

バトミントンをする人、小さなボールで遊ぶ人、
手作りのボーリングで仲間とゲームしている人、ギターをつま弾く人、読書する人、日光浴に専念している人・・・・

思い思いの午後の時間がゆったりと過ぎていきます。

◇写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。


2016/08/13

■クワルテット・スクヴェレスの夕べ (8月19日)


◆ウィーン国立音大ライナー・キュッヒル教授の下で研鑽を積み、現在、ドイツ・ハンブルク州立歌劇場管弦楽団第2ヴァイオリン首席奏者として活躍中の大島 響さんが出演します。
皆様ぜひお出かけください♬

ドイツの歌劇場より 芳醇なる響きへの招待状~
◆クワルテット・スクヴェレスの夕べ

8月19日(金)19:00開演
古賀政男音楽博物館 けやきホール

出演:クワルテット・スクヴェレス
大島 響(ヴァイオリン)
岩田 唯 (ヴァイオリン)
山中まりえ (ヴィオラ)
トマシュ・スクヴェレス(チェロ)

バロック、古典から現代作品まで多彩なレパートリーを誇り、文化の担い手として、また純粋にエンターティメントとして時代を超えて人々に師事されているドイツの歌劇場。
そんなドイツの歌劇場オーケストラメンバーとして活躍する4人が、カルテットとして日本に上陸!
インスパイアされた弦の響きが、ひと味もふた味も違う室内楽の世界へとあなたを誘います♪

プログラム:
フーゴ・ヴォルフ ジャコモ・プッチーニ
ダニエル・モーザ W.A.モーツァルト
トマシュ・スクヴェレス F.メンデルスゾーン


2016/08/11

■岩田朋子さんの東京でのレッスンのお知らせ


ウィーンとブダペストで研鑽を積んだ後、教育者としてもたくさんのお弟子さんを育てていらっしゃるピアニスト岩田朋子さんの都内でのレッスンのお知らせです。お気軽にお問い合わせください♬♬

次回東京レッスン情報
日時: 2016年 9月11(日)~12日(月)
会場: 都内スタジオ

♬東京でのレッスン
昨年度から隔月に2か月に1度のペースで、都内のスタジオで開催しています。
現在、受講者は音大を卒業し、指導者として活躍されている方々が中心です。

ご自身の演奏される曲だけでなく、生徒さんに指導する曲で受講される方もあり、指導に関するアドバイスも交えて、受講者のニーズに応じたレッスンをしています。
こちらも幅広い年齢の方を対象とし、受験やコンクール準備のアドバイス レッスンもしています。

小さなお子さんで曲が短い場合などは、30分のレッスンもしておりますのでご相談ください。
また、聴講も受け付けております。

◆レッスン受講・聴講をご希望の方は下記ホームページのコンタクトフォームよりご連絡ください。(岩田朋子)

岩田朋子 公式 サイト:
http://tomokoiwata.wixsite.com/tomoko


2016/08/09

■”ココとリトル・ブラック・ドレス” 文化出版局より好評発売中!


◆アンネマリー・ハーリンゲン作、川原あかね訳
『ココとリトル・ブラック・ドレス』

文化出版局より好評発売中です!

ウィーン在住の翻訳家、川原あかねさんが手がけたとてもすてきな絵本です。
オランダで生まれ、絵本大国ドイツでも評判になった絵本を、ぜひ本屋さんで手に取ってご覧ください。

::: 書評 :::

・ ココ・シャネルの人生、絵本に 「ココとリトル・ブラック・ドレス」(3月24日、朝日新聞)
http://www.asahi.com/and_w/fashion/SDI2016032522261.html

・4/7 読売新聞

・ 「自由な発想で心をとらえる 『ココとリトル・ブラック・ドレス』」(6月2日、高知新聞)

・ フィガロが選ぶ、今月の5冊
シャネルの生涯を、 軽やかなイラストでたどる。 (フィガロジャポン6月号)
http://feature.madamefigaro.jp/culture/160511livre/71098.html

・ 装苑5月号

◇ ◇ ◇

・ 文化出版局  http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579304516/

・ 川原あかね 公式サイト http://akanekawahara.wix.com/official


2016/08/07

■宮崎貴子 フォルテピアノ・レクチャーコンサート (9月2日)


◆宮崎貴子 フォルテピアノ・レクチャーコンサート

東京音楽大学大学院を経て、ドイツ・ハノーファー音楽演劇メディア大学で研鑽後、国内外で活躍中のピアニスト宮崎貴子さんのフォルテピアノのレクチャーコンサートです。

2016年9月2日(金) 19:00開演
ヤマハ銀座コンサートサロン
(ヤマハ銀座6F)

プログラム:
◇どうしてそんなに器用におしゃべりできるの?
◇ピアノと何が違うの?
◇現代にも通じるピアノ奏法を体系だてたエマヌエル・バッハ大先生
◇超絶技巧ピアニスト クレメンティ

演奏曲目:
CPE.バッハ、クレメンティ、モーツァルトほか

♬当日は、フォルテピアノA.ワルター1800年モデルの復元楽器(コーバルト兄弟製作)を使用します。

宮崎貴子公式サイト:http://takakomiyazaki.com


logo
deco
sakai.at