2017/09/18

■井阪美恵×南部由貴 デュオリサイタル


ウィーン国立音大を優秀な成績で卒業後、日本でパワフルな演奏活動を展開中の南部由貴さんが、ヴァイオリニストの井坂さんと東京・京都でリサイタルを開きます。お近くの皆様、ぜひお出かけください!

◆井阪美恵×南部由貴 デュオリサイタル◆

東京公演
9月24日(日)14:00 旧園田高弘邸

京都公演 (公財)青山財団助成公演
10月28日(土)17:00 青山音楽記念館バロックザール

<曲目>
ドビュッシー:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
フォーレ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番 Op.108
プロコフィエフ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番 Op.80

♬今回のリサイタルでは20世紀の大曲3曲に挑みます。
プログラム前半は、今からちょうど100年前の1917年、第一次世界大戦の真只中に書かれた2つの作品、ドビュッシーのヴァイオリンソナタとフォーレのヴァイオリンソナタ第2番を。
後半は、第二次世界大戦をまたぐ1938年~1946年にかけて作曲されたプロコフィエフのヴァイオリンソナタ第1番を演奏いたします。
近代フランスとソヴィエトという、ちょっと珍しい組み合わせですが、非日常を体感していただけるプログラムになっております!皆様のご来場を心よりお待ちしています。


2017/09/17

■神足麻由さん、ブラームス国際コンクール2位入賞!


◆神足麻由さん、ブラームス国際コンクール2位入賞おめでとうございます!

オーストリア南部ペルチャッハで開かれていた第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクールピアノ部門の決勝が9月9日に行われ、神足麻由さんが2位入賞しました。

ヴェルタ―湖畔の保養地ペルチャッハは、1877年夏、《交響曲第2番ニ長調》が作曲されたブラームスゆかりの地。

現在、神足さんは、ウィーン国立音大鍵盤室内楽科でアヴォ・クユムジャン教授の下で研鑽中。
益々の活躍が期待されます。


2017/09/14

■まもなく発売『ショパン10月号』をご覧下さい。


◆メロス音楽セミナーで、高校生の時からピアノを重ねて受講してきた経験を持つ高松佑介さん。
現在は、慶応義塾大学大学院に籍を置き、音楽学の分野でヨーロッパでさらなる研究を続けている努力家です。
皆様、ぜひ高松さんの記事をご覧になって下さい。

◆◆『月刊ショパン』10月号(9/16発売)の調性特集に、「調」の歴史に関する記事を書かせていただきました!

19世紀音楽に関してもっと書きたい衝動を抑えつつ、「教会旋法から24調の成立、そして調の崩壊まで」という副題のとおり、通史を可能な限りコンパクトに書いてみたつもりです。

もし書店などで見かけた際にはお手に取っていただけたら幸いです。 (高松佑介)

www.chopin.co.jp


logo
deco
sakai.at