2018/01/19

■ウィーンサロンコンサートin 名古屋      (2月4日)


前田朋子 コンサートシリーズ
ウィーン サロンコンサート in 名古屋

2018年2月4日(日)15:00開演
会場:スタジオ・ハル

出演:前田朋子(ヴァイオリン)
上杉春雄(ピアノ)

<プログラム>
J.S.バッハ:G線上のアリア
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタのためのパルティータ第2番二短調 BWV1004
J.ブラームス:スケルツォ ハ短調 遺作
J.ブラームス:歌曲「メロディのように」作品105
J.ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番イ長調作品100


2018/01/09

■ピアニスト佐藤麻理さんが出演(1月13日)


ヨーロッパを中心に活躍中の佐藤麻理さんが、『キラリふじみ・コンサートシリーズ~ニューイヤーコンサート2018』に出演します。皆様、ぜひお出かけください。

■1月13日(土)14:00
富士見市民会館キラリふじみ メインホール

♪♬オランダから巨匠チェリスト、ピーター・ウィスペルウェイを招き、ヴァイオリンは若手注目の山根一仁さん、ヴィオラにはウィーンでもおなじみの原麻理子さん、そして私の4人で、ブラームスのピアノ四重奏1番を共演させて頂きます。個性あふれるメンバーとの一期一会、とても楽しみです。皆様と会場でお会いできますことを楽しみにしております。(佐藤麻理)

<曲目>
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第5番 二長調 Op.102-2
ピーター・ウィスペルウェイ(Vc) 津田裕也(Pf)

コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 Op.7
山根一仁(Vn)  ピーター・ウィスペルウェイ(Vc)

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 Op.25
山根一仁(Vn) 原 ハーゼルシュタイナ ー麻理子(Vla) ピーター・ウィスペルウェイ(Vc)
佐藤麻理(Pf)

<出演者プロフィール>

◆ピーター・ウィスペルウェイ (チェロ) Pieter Wispelwey
オランダのハールレム生まれ。ディッキー・ブッケ、アンナー・ビルスマ、ポール・カッツ、ウィリアム・プリースらの薫陶を受ける。1992年、優れた若手オランダ人音楽家に贈られるオランダ音楽賞をチェリストとして初めて受賞。
ソリストとして、ボストン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBC交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団といった世界中の主要なオーケストラと共演。現代のチェロ界において最もカリスマ性のあるリサイタリストのひとりとの呼び声も高く、古楽器とモダン楽器との境を軽々と超え、J.Sバッハから自身のために書かれた作品まで広範なレパートリーで世界の聴衆を魅了している。
ウィスペルウェイにとって日本のホームグラウンドとも言うべきトッパンホールには、2008年にシリーズ〈チェロ最前線〉で初登場。09年、11年には無伴奏チェロリサイタル、また14年には自身が編曲をしたシューベルト:幻想曲ハ長調を含むプログラムで快演を聴かせた。

◆山根 一仁 (ヴァイオリン)
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コース全額免除特待生。10年中学校3年で第79回日本音楽コンクール第1位。11年第60回横浜市文化賞文化・芸術奨励賞最年少受賞。12年岩谷時子音楽文化振興財団「Foundation for Youth賞」、16年青山音楽賞新人賞、第26回出光音楽賞受賞。
これまでに秋山和慶、井上道義、大友直人、高関健、山田和樹らの指揮で国内外の著名オーケストラと共演。14年と16年にキラリ☆ふじみコンサートシリーズに出演し、圧倒的な演奏で魅了した。富岡萬、水野佐知香、原田幸一郎らに師事。

◆原 ハーゼルシュタイナー 麻理子 (ヴィオラ)
2007年桐朋学園大学卒業。09年ジュネーヴ音楽院首席卒業。13年ケルン音楽院卒業。ケルンを拠点に欧州各地の著名音楽祭に多数出演。ドイツのモーツァルト協会「ヤングアーティスト」にヴィオリストとして初めて選ばれる。バンドネオンの三浦一馬らと結成した「トリオ・マリーナ」のメンバーとして、16年トッパンホール〈ニューイヤーコンサート〉に出演。同年トッパンホール15周年室内楽フェスティバルにも連日登場。16年には、キラリ☆ふじみのニューイヤーコンサートでも存在感豊かな演奏で魅了した。今井信子、アントワン・タメスティ、スティーヴン・イッサーリスらに師事。

◆津田 裕也 (ピアノ)
仙台市出身。東京芸術大学、同大学院修士課程首席修了。11年ベルリン芸術大学を最優秀の成績で卒業。2001年第70回日本音楽コンクール第3位。07年第3回仙台国際音楽コンクール第1位。11年ミュンヘン国際コンクール特別賞受賞。ソリストとしてベルリン交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等と共演。現在、東京芸術大学非常勤講師。ピアノをパスカル・ドヴァイヨン、ガブリエル・タッキーノ、ゴールドベルク山根美代子、角野裕、渋谷るり子らに、室内楽をゴールドベルク山根美代子、田中千香士、河野文昭、山崎伸子らに師事。

◆佐藤 麻理 (ピアノ)
ウィーンのピアノ四重奏団Stratos Quartettメンバー。東京芸術大学、ウィーン国立音楽大学を経て、同大学院マギスターディプロム修士課程首席修了。12年ブラームス国際音楽コンクール第1位。13、14年と秋山和慶の指揮でブラームスのピアノ協奏曲を演奏、広上淳一らの指揮で広島交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団等と共演。16年ピネロロ・トリノ国際室内楽コンクール1位、17年アメリカM-Prize国際室内楽コンクール3位。18/19年度NASOMオーストリア外務省推奨アーティスト選出。現在ウィーンを拠点に活動中。岡田敦子、アヴォ・クユムジャン、室内楽をヨハネス・マイスルに師事。

詳細:http://www.kirari-fujimi.com/program/view/524


logo
deco
sakai.at