2019/02/22

■2月のウィーン


◆Wiener Staatsoper
オペラの愉しみ
~ウィーン国立歌劇場の立見席

ウィーン国立歌劇場は、今月もチケット完売の日がつづきます。

ヴェルディ≪椿姫≫、シュトラウス《アラベッラ》、ロッシーニ≪シンデレラ≫、プッチーニ≪トスカ≫、モーツァルト≪イドメネオ≫、ドニゼッティ≪愛の妙薬≫、バレエ≪白鳥の湖≫、それに新演出のドニゼッティ≪ランメルモールのルチア≫が加わって毎日大変な賑わいです。

馬蹄型のウィーン国立歌劇場の座席数は1709席。
それに加え、立見席567席,車椅子席平土間4、最上階のギャラリー18、とスペシャルな席が準備されています。

立見席のチケットは3€!(平土間のみ4€)。
しかも全席、日本語を含む6か国語の字幕装置付き、という最高の環境です。

今回、《トスカ》のカヴァラドッシ役で出演したポーランド出身のテノール、ピヨートル・ベチャワは、今や、世界の大劇場で活躍するスターですが、30年ほど前、彼がまだ音楽学生だった頃、ウィーンで連日この立ち見の列に並んで、たくさんの貴重な経験をしたと語っています。立ち見客の中には、オペラ舞台の将来の担い手もいるということですね。

一流の歌い手と指揮者、オケピットにはウィーン国立歌劇場管弦楽団(ほぼウィーンフィルの団員によって構成されている)、豪華な舞台は、オペラの魅力を存分に味合わせてくれます。

立見席のチケットは、公演時間80分前から専用窓口にて売り出されます。
皆様もぜひ一度、ウィーンならではの音楽と舞台をお楽しみになって下さい。


logo
deco
sakai.at