2019/03/21

■ウィーン楽友協会所蔵の古楽器の演奏会シリーズ


“Nun Klingen sie Wieder”

毎年恒例のムジークフェライン所蔵の古楽器を使っての演奏会シリーズ

3月26日/ 4月24日/ 4月30日/ 5月9日 19:30
会場:ムジークフェライン ブラームスザール

毎年、復活祭前後の時期に開催されるこの演奏会シリーズは、ユネスコ世界記憶遺産に認定されたアルヒーフ部門を持つ、このホールならではの企画です。
永い眠りから覚めて繊細な響きを聴かせてくれるムジークフェライン所蔵の楽器の数々は、大ホールでは決して味わえない音楽の内なる喜びを私たちに伝えてくれます。

今年は、レオポルド・モーツァルト生誕300年、クララ・シューマン生誕200年、オーストリアー日本修交150周年の記念の年です。
この3つのテーマに因んだプログラムでの4回の演奏会シリーズに加え、企画監修のアルヒーフ所長ビバ博士によるオーストリアー日本両国の音楽の繋がりについての特別講座も予定されています。
(4月24日17:45よりシュタイナーザール)

第1回目の3月26日の演奏会では、ビバ博士の解説付きで、ターフェル・クラヴィーア(1791年製)、ハンマー・フリューゲル(1825)、ヴァイオリン(1847)等を使い、モーツァルト親子の作品、クララ・シューマン等の作品が演奏されます。

この企画のために、サロンコンサート風にしつらえたブラームスザール。
休憩時間には、アルヒーフ所蔵の貴重な楽譜類も公開されます。

*画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

詳細:https://www.musikverein.at/konzert/eventid/40734


logo
deco
sakai.at